恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/10//Wed.
白山通りの白昼夢
先日、昼間にぶらっとご飯を食べようと神保町までウチから散歩している途中に、何度か寄ったことのあるレコード屋さんに入りました。
寝ぼけマナコで。
平日の昼2時なので、お店は静か。
独りのおじさんがレコードをササっとを両手で素早くめくっている音だけ。
おじさんは私服で、手馴れた感じでラックからラックへ。
服装はいたって普通なのだけれど、カバンが肩下げのプラスチックの流行りのモノだったので、何気なく顔をみると。
作家の村上春樹さんでした。
驚いて、一気に目が覚めました。
露出の極めて少ない方なので、人違いだろ、とお思いかもしれませんが、15年来熱心に村上氏の作品を読み、辺境も近況もマメにチェックしているので間違いありません。
表に美人の双子を待たしていましたから。うそです。

とても、とても嬉しかった。

この話を遊一さんにしたら「僕も昨日スーパーでラーメンズの片桐氏を見ました」とのこと。
「片桐氏はライブ会場とかでよく見るから」
と、あっさり流してしまいました。
遊一、ごめん。
嬉しかったんだよ。

そんな、小権太・遊一の会はもうすぐです。

村上春樹さんの(やたらと長いと噂の)新作は来年の夏頃出るらしいです。


第19回 「入船さん、こんにちは 柳家さん、こんばんは」
小権太・遊一の会

小権太「道灌」
遊一 「ぞろぞろ」
ほか一席づつ

たぶん僕はトリで少し大きなネタをやります。

2008年12月19日(金)
18時半開場 19時開演

場所・日暮里サニーホール(ホテルラングウッド4階)
    JR日暮里駅南口徒歩3分

前売り・予約 1500円  当日・1800円

ご予約は

070ー6969ー2128  オフィス ニーハオ

kogonta@rakugo-kyokai.or.jp

まで、お願いいたします。

暮れのお忙しい中かと思いますが、よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト









ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://tokyohomeground05.blog80.fc2.com/tb.php/73-d65ff071
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。