恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/16//Wed.
西村賢太「苦役列車」
今回の芥川賞受賞作は久々の二作品で、綿矢りささんと金谷ひとみさんの時のように、爽やかな人とダークな人っぽく対照的で気になっていました。


どうも西村賢太氏が気になりますわな。

友人が西村さんはヅラだよきっと、という僕の気を惹くメールを送ってきたので、文藝春秋を買ってペラペラ苦役列車を読んでたら、面白くってついつい、休みなく読了しました。二時間弱かかりました。


文体の濃さで言うと中上健次氏の十九歳の地図の方が強いですが、卑屈感と笑いはこちらの苦役列車の方が強い気がしました。


西村賢太氏の作品は他も読んでみたいです。たぶん落語好きというか、そういう教養のある作家さんですね。


明日は朝吹真理子さんの「きことわ」を読んでみます。
スポンサーサイト









ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://tokyohomeground05.blog80.fc2.com/tb.php/239-7caba8f0
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。