恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/23//Tue.
人の住む無人島
落語協会メールマガジン2月中席号より転載


2月中席号、担当の小権太です。
一年で一番の寒さの中、そして少しづつ春が来ているんだという予感の中、
寄席では季節を先取りした噺がチラホラかけられております。
一日のうちに「尻餅」と「時そば」と「長屋の花見」がかかったりする、
暖流と寒流の入り混じった、漁場でいうとおいしい季節なのかもしれません。


そんな折、我ら権太楼一門は夏を先取りして、暖かい、いやむしろ暑い方へ
旅に行ってきます。
というより、年末から2月の初めまで働き通しの師匠の慰安にくっついて
いきます。
圓朝まつりで売らせていただいたTシャツの売上が多少浮きまして、そのお金を
使わせていただきます。

場所はフィリピンのセブ島、ボホール島。
ひたすら泳いだりもぐったり、浜辺でのんびりお喋りをしたり、
ビールを飲んだり、音楽を聴いたり、写真を撮ったり、派手な遊びは
そんなにありません。
浜辺に寝そべり、ビーチサンダルを横切るヤドカリを眺めて、果てしなく続く
ように思える海からの風にあたっていると、世界は本当はもっとシンプル
なんだろうなと感じます。

大変なのは日焼け対策。
前回は少しくらい日焼けをしても、日本も晩夏だったので幾分ごまかせましたが、
今回は真冬。これでもかとクリームを買いこんでの出発になります。
日焼け止めは目黒に限る、いや日本製に限りますから。

泳げない弟弟子が、ライフジャケットを着ているにもかかわらず溺れていても、
そっと見ていようと思うくらい、フィリピンの無人島の凪は静かです。

空を飛ぶ大きな鳥が鳴いたら、あの娘への想いは空へ還そう。



無人島
セブ島からボホール島へは大型ジェット船、ボホール島から無人島へは中型ボートで。
ここのサンゴ礁はオーシャンそのまま。


花王名人劇場

おかみさんが使っていたかばん。
時を超え、海を越え、ここに甦りました。

海の水

飲めそうなくらい、キレイ。


ロス巡業
大相撲ロス巡業の休日。



芝生とビールとホットドッグと

サンミゲルというフィリピンで一番ポピュラーなビール。
この「普通」のほかに「ライト」と「ドライ」がある。
こちらのトマトは固くて水分がないので苦手でしたが、こうやってホットドッグにはさむと、
食感が出て水分が出ずで美味しい。

水着の人よこ

許可は取ってませんが、盗撮ではありません。


師弟関係
我太楼兄さんのブログ
柳家ほたるのブログ
スポンサーサイト

>> 2010/02/24 11:22
世界はシンプルでしたか?
想いは空へ還りましたか?

詩のような文章に、セブの景色がとっても合います。
柳家小権太フォトエッセイを出したらいかがでしょうか☆
>> 2010/02/24 15:01
かもめ様

世界はそんなにシンプルでもプリンシプルでもなく、複雑で雑多で無原則なのが面白いのかもしれません。

フィリピンのあまりにキレイで広く抽象的な空に具体化した大きな鳥は現れませんでした。

あ、「かもめ」で思い出しました。
そろそろチェホーフ落語の台本こさえなきゃです。
>> 2010/02/25 15:13
ところで「チェーホフ落語」とはなんでしょうか?
ビギナーなので物を知らなくて、申し訳ございません。良かったら教えてください。
>> 2010/02/25 18:52
6月の初めにチェーホフ生誕150年祭というのが両国シアター×カイであります。その中の催しのひとつに「ちぇーほふ寄席」といいましてチェーホフを落語や浪曲にした企画があります。


詳しく決まり次第こちらのブログでお知らせします。
>> 2010/02/25 19:34
ありがとうございます。
小権太さんはその台本を書かれるのですね。すごいですね!! 

チェーホフ×落語はちょっと想像がつきませんが、是非拝見してみたいと思います。ブログのアップを楽しみにしています。








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://tokyohomeground05.blog80.fc2.com/tb.php/160-aca29090
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。