恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/02/22//Mon.
セブの裏道を歩きました。
フィリピンの町1

赤と白のペットボトルのフタでダイヤモンドゲームのようなのをしてました。
ゲームに興じているおじさんはカメラを向けてもチラッと見るだけ。
青空将棋のようなものでしょう。



フィリピンのさかな

お母さんがナタのようなもので魚をぶつ切り。
フィリピンは白身の魚が多かった。
ピンクのスカートが魚の薄い赤とマッチして可愛かった。



フィリピンの人々

行ったのは平日の昼下がり。
路地は人がたくさん出ていて、お喋りをしたりギターを奏でたり、バスケットボールをしたり。
のんびり時間は進んでいるよう。


フィリピンのマック

「ようこそボクらの町へ」

マクドナルドはなかったんだよなあ。


フィリピンの子供2


女の子たちが男の子から走って逃げてきた。
カメラを向けると、


フィリピンの子供

みんなで僕のまわりに集まってきて、オドケはじめた。
ここは観光客なんか全く来ないところだから、
学校帰り楽しい通学路、変な異人さんが現れたッて感じかな。
素直な笑顔で実に気持ちがいい。


フィリピンの町2

梅佳代か土門拳になった気分。


フィリピンのおじさん

あごの下でブイの字のポーズをするのが流行っているみたい。
男性はみんなこのスタイル。
スポンサーサイト

>> 2010/02/22 19:51
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>> 2010/02/22 22:08
うちの師匠もさん喬師匠も幾代餅でやっています。
紺屋高尾は三遊亭のイメージがありますね。
>> 2010/02/23 09:04
このコメントは管理人のみ閲覧できます








ブログ管理人にのみ表示を許可する

trackback
trackback_url
http://tokyohomeground05.blog80.fc2.com/tb.php/159-6309896c
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。