恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/11/30//Tue.
ノルウェイの森



このBuddyRichの「Big Swing Face」のA面の1曲目がビートルズのノルウェイの森なんです。

かっこいい。

映画が気になりるところでありますが、まずはビデオで「トニー滝谷」を観てから。
「風の歌を聴け」も観てないんですが。
神保町の三省堂の文庫コーナーに「ノルウェイの森」の特集コーナーがあって、映画の予告編を流しているんです。
それを数分立ったまま拝見したんですが、予告全編にオリジナル・ビートルズのノルウェジアン・ウッド(このレコード風の言い方)が流れてるんですが、胸の肋骨と肋骨の間に、ツーっとキューっと何かが下がっていきました。

レイコさんが指をよくほぐしてから弾いたノルウェイの森は、と想像すると、なんだか頭の中だけ森を抜け草原を駆け巡ってしまうのです。


★中上健次原作の映画「19歳の地図」に小三治師匠がお出になっているようですが、どの役なのか気になります。


<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。