恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
01 | 2007/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/02/18//Sun.
還暦のお祝い
200702181407312
20070218140731
広尾にある「リストランテ エ ピッツェリア ダ イーウ゛ォ」さんで、師匠とおかみさんの還暦のお祝いをしました。
とっても素敵なお店で(僕とごん坊は明らかに服装がずれていた、)子供と弟子に囲まれる師匠ははじめ、少し居心地が悪そうでしたが美味しい料理とワインが進むうちに、いつものように。太助兄さんのパーティーの直前ということもあり、大盛り上がり。

我々、弟子と娘さん息子さんで用意したプレゼントは赤が基調のパジャマと、ラベルを張り替えてみんなで寄せ書きしたロゼ。
そして、画像のケーキが登場。

おかみさん、涙ぐむ。師匠、めがしらが熱くなる。あれ、あれれ?その横で甚語楼兄貴が号泣。
なんでアンタが泣いてんだよ!
みんなから突っ込まれてました。
「歳とると涙もろくなるんだよ」(甚)
「歳とった師匠とおかみさんの会っす」(某)

最後は師匠が「ありがとう」と弟子全員と握手。大喜びで師匠に手を差し出す。すかさず娘さんが「実子は?」。本当の子供を忘れる師匠。抜群のタイミングで返す娘。爆笑でした。
最後に師匠が、
「お店のスタッフさん、それからお客さん全員に私からシャンパンを」。
んー、師匠らしい照れかくしだ。
弟子子供が歌うハッピーバースデーでカンパーイ。店全体が神に包まれたような、幸福な瞬間でした。

とっても美味しい料理とワイン。イーウ゛ォさんは素敵なお店でした。30分に一度くらいの割合でBGMにゴッドファーザーのテーマがかかっていたのも演出ですかね。


スポンサーサイト
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。