恵比寿トウキョウホームグラウンド
HOME東京花鳥風月TOKYO ++Bull's eyeEDITOR'S ROOM
プロフィール

柳家小権太

Author:柳家小権太
(社)落語協会所属
1999年5月  三代目柳家権太楼に入門
2002年11月 二ッ目に昇進
2003年度  岡本マキ賞受賞 

カレンダー
11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
--/--/--//--.
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/12/20//Wed.
12月も下席ですなあ。
落語協会には一般の会社と同じく、ホームページがある。
落語協会の事務員と、芸人の有志で構成されたホームページ委員会というチームで管理をしている。

以前より、このホームページ委員会に興味を持っていたので、今年の夏にパソコンを持って1年の記念に入れて頂く事にした。
委員会の会合は月に1度のペースである。話題は季節によって違う。
メールマガジンの内容、円朝まつりのこと、落語検定のこと。
なかなか難しい話題がいろいろある。
だが、そこは芸人がやっている会議。わきあいあいと洒落まじりに話が進んで行く。


落語家の生きる寄席の世界は10日を一芝居とし、一月を上席、中席、下席とわけている。そんな訳でメールマガジンは10日に一回発行し、会員の皆様にお届けをしている。

そこで、ななな、なんと、僕にメールマガジン編集の責任者が回ってきた。
今日の夜に発送される12月下席号は、僕が色々書いたり、まとめたりしたものです、・・・と言いたいところなんですが、かなりの理解不足で委員長の正朝師匠に半分くらい直していただいたものです。

今年で会員が1万人を越えた落語協会のメール会員になりたい方は、
以下のアドレスからメール会員登録をしていただきますと、10日に一度落語情報やプレゼント情報が満載のメールマガジンが届きます。
あ、もちろんタダですんで、どしどし入って下さいね。

http://www.rakugo-kyokai.or.jp/


スポンサーサイト
[TOP]
copyright (C) 2006 TOKYO HOME GROUND all rights reserved.
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。